妊娠中にぜひ虫歯ケアをして下さい

妊娠前から定期的に歯科医院へ行って虫歯がないかチェックしてもらう事が習慣になっている方はいいですが、歯医者は歯が痛くなってから行く所、と思っている方にはぜひ歯科での検診をおすすめします。最近はマタニティ歯科検診を行っている自治体が多いと思いますが、特に症状がなくても利用されるといいと思います。

妊娠・出産を経ると虫歯ができやすくなるという話は昔からよくされますが、これは胎児や母乳に母体のカルシウムが取られるからという理由だけではないようです。

虫歯

妊娠するとつわりの症状を訴える女性が多いと思いますが、このつわりで歯磨きが十分にできなかったり、ホルモンバランスが変化することに伴う唾液の成分の変化で、妊娠中の女性には虫歯を予防する働きが弱まってしまうのだそうです。食生活には気を遣っているからカルシウム不足は心配ないわ、と自信がある方でも虫歯になるリスクは高いということですね。

ですから、虫歯を放置しておく、甘くみるということは絶対にやってはいけません。
※出典※妊娠 初期 やってはいけないこと

赤ちゃんが生まれると、育児に追われる中でなかなか自分の時間が取りづらく、歯医者に行く余裕がなくなることも予想されます。もし検診で虫歯が見つかれば出産前に治療を終わらせる事もできて安心ですね。ぜひ一度歯科検診を受けることをおすすめします。